合同合宿

大学の部活では、年に一度他大学も含めた合同合宿があります。合宿といっても、厳しいものではなく、友達などを増やし、他大学の人とも交流することを目的としたものです。1泊2日のその合宿の時に、昼間は練習をし、夜はみんなで花火をやってわいわいしていました。そのまま楽しく終わるのではなく、夜はみんなで大部屋に集まって(希望者のみ)ゲームをしたり、罰ゲームがあったり、そして夜中になったら怪談が始まりました。私は全く霊感がないのですが、中には霊感がある人いました。まったく怖がらずに「霊よー降りてこいー!」と言っている先輩がいたのですが、霊感がある人は、「本当にやめた方がいい。」と言っていて、どうやらその先輩のところに本当に降りてきていたらしく、部屋の中をうろうろしていたようで、それを聞いた私は非常に恐怖を感じました。その霊感がある人は途中で気分が悪くなって、部屋を出て行ってしまいました。もう怪談話はこりごりです。

2015年10月01日