ニュース一覧

合同合宿

index-news01

大学の部活では、年に一度他大学も含めた合同合宿があります。合宿といっても、厳しいものではなく、友達などを増やし、他大学の人とも交流することを目的としたものです。1泊2日のその合宿の時に、昼間は練習をし、夜はみんなで花火をやってわいわいしていました。そのまま楽しく終わるのではなく、夜はみんなで大部屋に集まって(希望者のみ)ゲームをしたり、罰ゲームがあったり、そして夜中になったら怪談が始まりました。私は全く霊感がないのですが、中には霊感がある人いました。まったく怖がらずに「霊よー降りてこいー!」と言っている先輩がいたのですが、霊感がある人は、「本当にやめた方がいい。」と言っていて、どうやらその先輩のところに本当に降りてきていたらしく、部屋の中をうろうろしていたようで、それを聞いた私は非常に恐怖を感じました。その霊感がある人は途中で気分が悪くなって、部屋を出て行ってしまいました。もう怪談話はこりごりです。

2015年10月01日

土づくりからじゃい!

index-news02

「今日は来てくれてありがとう!
まずは、土づくりからじゃい!」

自分の住む、南の県は春なのに日差しが強い、
大学で夢にまで見た憧れのサークル活動。
顔には汗、手にはクワ、動きやすい服で来て、
何て言うから何するんやろーって思ってたらまじかよ。

初サークル活動は、畑を耕すところからでした。

「暑い、水、虫!!、ギャーーーー!!」
田舎の大学だけど、都会から来た子たちは大騒ぎ。
自分もうまくないクワの使い方でどうにか
先輩達について全力を尽くした。
畑が耕し終わる頃には
もぉー日が落ち掛けている。
畑を耕す何て普通に生活してたら
基本は体験できないだろー
手が痛い、腰が痛い、汗が目にしみる、腹減った。
でも、何だろうこの達成感。
私はこれから
このサークルで活動していくことが
楽しみで仕方なかった。

2015年10月02日

音楽を愛する者たち

index-news03

サークル内で、各ジャンル(J-POP、アメリカンロック、ブリティシュロックなど)毎にグループを構成して、テーマとするアーティストの映像や音楽を視聴しながら、評価し語り合うサークルです。活動日のレジュメを作成して、部室でメンバー同士で内容を確認し、他グループとの情報共有もしていました。文科系のサークルなのですが、年2~3回は観光を兼ねながら合宿をするような割と真面目なサークルでした。
日々の活動以外にも、サークルの活動成果としてミニコミ誌(各ジャンル毎にアーティストの紹介・評価といった記事を掲載したもの)を4月の新人勧誘と10月の文化祭で配布していました。記事も写真や文面のレイアウトを工夫したり、出来上がったゲラをチェックしたりと、まるで出版業界と変わらない締め切りがある中での作業をこなし完成させていたミニコミ誌でした。
一方、学生ですのでミニコミ誌を作るのには、記事を纏めるだけでなく、出版のための経費が必要になりますので、コンパを企画する事を前提に飲み屋などから広告をとっていました。特に、10月の文化祭に配布するものについては7~8月に広告をとるため汗だくで歩き回り、お店によっては少し怖い思いをした事を覚えています。

2015年10月03日